投資メリット

太陽光発電事業は政府主導の制度が充実している今が好機です。各種制度は、太陽光発電の普及促進を目的に施行されています。今後普及が進んでいくとメリットが削減していくことも予想されますので、制度が充実している今こそ取り組む時期といえます。

概要

制度制定の背景

エネルギー資源の大半を輸入に頼る我が国は、安定的なエネルギー資源の確保と昨今深刻になる地球温暖化対策の観点から、自然環境に充満しているエネルギーを活用した環境にやさしい再生可能エネルギー(自然エネルギー)の普及に努めてきました。しかしながら、再生可能エネルギーはこれまでの化石燃料による発電方式と比べ高価なことから十分に普及してきませんでした。そこで、2012年7月1日、再生可能エネルギーの普及・拡大を目的に、電力使用者から電力会社が、賦課金として料金を徴収し、再生可能エネルギー事業者によって供給された電気を、一定の期間・価格で買い取ることを義務づける「再生可能エネルギー固定価格買取制度」が制定されました。この制度により、再生可能エネルギー事業費の負担軽減が図れるようになりました。

また、平成23年度税制改正において、エネルギー安定供給の確保と低炭素成長社会の実現を目指し、エネルギー起源のCO2排出削減や再生可能エネルギー導入拡大に資する設備投資の加速化を目的に、初期導入費用を初年度に一括償却することで大きな節税効果が得られる、エネルギー環境負荷低減推進税制(グリーン投資減税)も制定されました。

制度活用のご提案

ソーラーエナジーインヴェストメントは、「再生可能エネルギー固定価格買取制度」と「グリーン投資減税」を最大限にご活用いただくため、遊休地利用を提案した投資メリットが大きい太陽光発電事業をおすすめしています。

節税と長期的に安定した利回り

①グリーン投資減税によるメリット

初期導入費用を初年度に一括償却することができるので、大きな節税効果が期待できます。

ただし、この制度には適応期限があり、「2015年3月31日までに10kW以上の太陽光発電所を取得し、その1年以内に発電を開始」しないと、この優遇措置の恩恵を受けることができません。

早めのご決断が肝心です。

資源エネルギー庁 「グリーン投資減税」

②再生可能エネルギー固定価格買取制度によるメリット

年間の売電総額は、ほぼ確実な値段で予想できるため、一般的な投資に比べて長期に渡って利回りが確実に計算できます。

資源エネルギー庁 「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」

↑